読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日光市議 阿部かずこ  みつばち通信

市民活動から議員へ。皆様に様々な情報をお届けします。みつばちが花から花へ飛んでいき、受粉し花を咲かせるように、情報が届きそこで花咲くようなことが起こるといいなと思ってます。

母の介護パート2

リハビリ病棟へ
f:id:abe-kazuko-hope:20170510222940j:image

看護師さんから電話が

「お母様は主治医の判断でリハビリ対象になりました。リハビリ病棟に移れますが、どうしますか?」

即答で「お願いします!」

高齢でリハビリ対象にならないと一旦は言われた母が、根性でリハビリ頑張っており、思わぬ回復をしてきているらしい。

そこでリハビリ病棟に移って本格的なリハビリをしてみようとなった。

GW明け退院から、車椅子生活からも逃れられる。。。

 

ホッとした

ひとまず病院にまだお願いできる。

病棟に移るにあたって説明があると5月1日に病院へ。

主治医から、1ヶ月リハビリして見ましょうと説明され

「ありがとうございます!」もう感謝です!

「では早速明日移りましょう」はや(@_@)

病院の話は良くも悪くもいつも急ですね。

「これからリハビリ病棟の説明を」とはや。

リハビリ病棟の看護師さんもとっても親切。

 

様々な費用がかかるリハビリ病棟

看護師さんからリハビリ病棟だと様々な費用がかかる説明がありました。

おむつが2万円、洗濯に6000円位かかる等様々な雑費が😓

が洗濯や乾燥で時間が取られてた。

母もいつ来るかわからない私を当てにするより、病棟での洗濯が良いはず。全て衣服等病棟任せはもっとかかる。

母は高齢で生命保険も対象外。

年金も少ない。自分が負担するのはやむを得ない。

が大学生の息子にお金がかかっている。

学費は私大のために年額130万円。

一人暮らしのために仕送り毎月10万円。

教育費と介護費用のダブル負担。

これが現実の厳しさなのか。

 

「明日病棟移る際に来れますか?」


f:id:abe-kazuko-hope:20170519160952j:image

会報作りが佳境。明日の夜までに印刷しないと(;_;)

明日2日は後援会の方々が会報発送の手伝いに来てくれる。

それまでに印刷おわさないと。

今日帰って、夜作業して翌朝10時に病院。。。

目眩がした。もう実家に泊まろう。

明日移ったら速効帰って印刷すれば、何とかなる(-o-;)

「大丈夫です。明日来ます」

 

すれ違う思い

良かったと思い主治医の説明、リハビリ病棟の説明から帰り、

「明日リハビリ病棟行けるよ」と母に明るい気持ちで話した。

「また入院続くの?」とがっかりしている。。。

そっか、かれこれ入院3週間。更に1ヶ月伸びる。

母の気持ちにまで気持ちが及ばなかった。

気持ちが一転暗くなった。

 

母のワガママ

リハビリ病棟に行くことで、足りないものが出たり、洗濯したり、説明の後も買い物とバタバタ。

母に泊まると言うと「花を捨てて」等更に用事を言いつけてくる。。。更なる疲労が💧

 

実家で片付け

花が好きな母。何鉢もの実家の花たちは枯れ、冷蔵庫の中のものも無残。

気力を振り絞り片付けをする。

 

眠れない
f:id:abe-kazuko-hope:20170510223322j:image

今後の事がぐるぐる。

入院が長引いただけで、結局は自宅に戻る母。

家を見回すとバリアフリーじゃない我が家。

このままでは足が不自由になった母は暮らせない。

高齢で雑多な部屋の片付けとリフォーム。

いつその問題を解決するのか。

6月議会も始まる。一般質問にも取りかからないと。

その合間に出来るのか。

。。。止めどない不安が胸を過る。

 

 寝不足で次の日病院へ。

リハビリ病棟に移ると早速、新しい主治医から、入院に際してと説明があった。

ほよーーー、素晴らしいインフォームドコンセント

 

 

つづく

 

※この記事は政府の推し進める介護保険改悪や医療介護連携の有り様など、高齢者介護の現実をわかってもらうため、プライバシーも脇におき、詳細に綴ってます。

 

 

 

 

 

市民の要望

様々な相談

 
f:id:abe-kazuko-hope:20170520063052j:image

議員になると市民の方から色々な要望が来ます。

近所の人が早朝水を貰いに来て困る→民政委員さんと協議・解決

子育て支援センターがお昼休憩があり、1時間閉鎖され出されてしまう→市と協議。30分休憩短縮。

近所の道路の穴を何とかして欲しい→自治会に相談を

お墓の前の道カーブなのに車は飛ばし、事故った車が飛んできてお墓が3度壊れた。何とかして欲しい→カーブミラー設置。

松の木が広範に枯れている。松喰い虫ではないか→松喰い虫ではない。原因不明。今後も調査。

生活困窮者の方の相談受けたがらちがあかない助けて欲しい→生活保護へ。確定まで食料お届けする。

日光市の観光行政は外国人に不親切ではないか→一般質問

通学路なのに融雪材がまいてもらえない→融雪材配布へ

高齢で車を手放した。買い物が出来ない→デマンドタクシー紹介

地元自治会で育成会が存続の危機にあっている→未対応。解散

等々。ここでは書けないご相談も多い。

 

行政の窓口に問い合わせる日々


f:id:abe-kazuko-hope:20170520063155j:image

その都度行政の窓口に行き、出来る事はやってもらい、それは出来ませんと言われれば、出来ない理由をお伝えします。

相談が深刻で窓口に断られたままではいけないと思うと、一般質問で取り上げたり。そうするとお答えするまでに、数ヶ月かかりになります。

それでも問題は根が深く、一朝一夕には解決しないことのほうが、ご相談では多い。行政で相談を受け付ける窓口すらない問題もあります。

 

先輩議員の教え


f:id:abe-kazuko-hope:20170520063315j:image

解決できない、駄目な場合にこそ言葉を尽くすようにと、先輩議員から言われてます。が出来ていないと最近つくづく思ってます。

またこのような日々寄せられる相談を、ここに書くのもはばかられました。動かない議員と言われる事も多く、ご批判受ける自分に非があるのですが、こういう事にも取り組んでますと。まずはわかって頂く事も必要なことかなと思い書きました。

 

普段の取り組みが見えない事で、議員不要論が出て定数削減の要望書も出ました。

まずは相談しても解決みない、返事もない、動かないと言われてしまう非を無くす努力が、議員不要論をはね除けることなのでしょうね。

。。。が口べた、無愛想、議員に向かないこの性格こそ直さなくちゃ(^o^;)

 

国政と市政は繋がっている

市議では解決できない問題もあります。それは国政で決めた事で生じる問題です。

介護保険がそれです。大きな改正がありました。

詳しくはみつばち通信に書きました。読んでください

。。。どこかで聞いた台詞でしょうか💦

詳しく書くとまた長文に(^o^;)

地元の新聞に2100部ほど2月に織り込みました。欲しい方は言ってくださればお届けしますよ!

介護サービスが膨らみ、国は抑制しようと制度が改悪されました。国は市に介護保険の責任を押し付けて来ました。

介護報酬も削られる方向が更に進み、介護事業所は倒産の危機です。これから事業者への介護報酬も各市町村でばらつきが出ます。

何より認知症で困ってる高齢者、家族に打撃を与える、介護保険の主旨を揺るがす改悪です。

 

掛け合ってはみたものの

 

この事に対してどうにかして欲しいと言われて、動きました。がどうにも出来ません。行政に話しましたが、事業者から倒産しそうだとの話や困ってる事は言われてない。改正の事は話して充分にご理解を得ていると。

市の許可を得て、何も言わないならとの条件で、事業者に向けた改正の説明会にも参加しました。何かわからないことがあれば、聞いてくださいとの市の職員の投げ掛けに、事業者の方から質問や異論は出ませんでした。

これでは市の言うとおり、事業者の方の声は聞こえて来ません。

 

言わないから制度が遅れた

 

出来るだけ参加してる精神障害者家族の会「やしお会」が毎月あります。

がここも3ヶ月ほど出られず、17日に参加した時に、ちょうどいつもお世話になってる障害福祉課の職員さんが来てました。

今年の予算で障害者の方のガソリン券が2400万円削られました。その事の説明でご家族の方から一方的だと紛糾している時に知らずに遅れて参加。

会長から来たときに家族の会なので、市への意見を控えてくださいと言われ、黙って聞いていました。議会でもいきなりの削減に紛糾した案件でした。

職員の方が帰った後に、「精神障害だから世間体があって、色々言わないで来た。それが精神障害者だけ制度が遅れた原因だと言われた事があった。反対の声を出そうよ」と。

これこそが運動だと感銘。

が一方でこの言葉に、この件を3月議会後にお伝え出来てれば、6月の陳情に間に合ったかも。いやそもそも議会で執行部から押しきられなければと色々と猛省しました。

必要な情報を必要な時に届けないとな(TT)

 

それぞれが動く必要がある

 

私はこの改悪に対して、やしお会のように、介護保険事業者の方々が一致団結して国にものを申してくれたら変わるかも。せめて公の説明会で声をあげて欲しい。

やはり現場の声が直接届く方が強い。

そして国民は怒って、現政権にNOと言って欲しいです。

介護保険がない前から現場で働いて来ましたが、今のようなサービスがなくて、お嫁さんがどれ程辛い思いをしてきたことか。

国はまた女性に介護を押し付ける気でしょうか?

 

みつばち会報(くまんばちとも💦)

 

市議をしてると他でも国の数々の改悪に、市民生活が脅かされていると痛感します。後援会の方向けに忌憚のない現実を書きました。後援会に入ってくださると郵送させて頂きます!

後援会に入るともれなくお花見会等にも参加出来ます!

うちの後援会のお花見の料理は、男性陣が激ウマ料理を作るという、超男女共同参画後援会になっとります(阿部さん料理出来ない噂が飛ぶほど💦出来ますよ!)

 

私のあだ名は「子連れ狼


f:id:abe-kazuko-hope:20170520070739j:image

私は30代の時は市の職員の方から「子連れ狼」と言われていたようです。ベビーカー押して窓口に直談判繰返してましたから。その長男が現在21歳。

それでも仲良くなった市の職員の方々と、定例の話し合いを持つようになりました。

定例会を主導されていたのが今では県議の平木さんでした。平木さんとは今でいうディサービスを作りたいからと誘われて、共に働いていました。平木さんは職員から「福祉ヤクザ」と言われてましたね(-o-;)

私はその会の幹事で連絡調整役でした。

やがて合併協議会の今市市民代表として選ばれる事に。

ものを言い続けると、大事な場での発言を得られるんだ、そういう体験してきましたので、皆さまにも言っても変わらないとか、誰かが言ってくれればとならずに、直接言う、それも出来るだけ仲間を集めて言う事をして欲しいと思ってます。

その会は20名ほどになってましたでしょうか。

 

私に出来ること

 

このような定例会が今必要なんでしょうね。

現場の人が始めてくれれば。それに近い場もありました。

10年間幹事頑張ったし、今さら私なのだろうか、市議だと色がつくし。。。

あー出来ない理由を探したらダメだな。

一緒に始めませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日光市の素晴らしい政策・団体紹介します! 。。。知られて無さすぎ(^_^;)

15日 8時  マンデーリポート


f:id:abe-kazuko-hope:20170518174713j:image

森友交差点で平木県議と行いました。

毎週月曜日8時より、市内3ヶ所で行ってます。

市議になって3年、まだまだ知られてない私です💦

 

10時  若年性認知症認知症家族の会参加

毎月第三月曜日日光市民活動支援センターで開催されてます。

地域包括支援センター等専門家の方も毎回参加されてます。

認知症の家族はそれはそれはご苦労が絶えない。ともに悩みを打ち明け、そこに専門家がいることで、解決されることもあります。

専門家もそこまで大変なんだと、解決に向かわないとと、勉強になります。サービスが足りてないといつも痛感してます。出来るだけ参加して皆さまの声を聞くようにしてます。

家族の会の方が望んでるのは、若年性認知症の方の居場所です。

50、60台の若年性認知症の方々が高齢認知症の方の所で過ごすのは酷と。就労も支援があれば出来る。その事を知ってもう3年。願いを今年こそは叶えて差し上げたい。

代表の江連さんと若年性認知症の方の就労支援、今年は見学に行きましょうとお約束しました。

 

もっと多くの人にこの会を知って欲しい。

と思ってたら、在宅介護オアシス支援事業「ちいさな木」さんがセンターにいらっしゃってました。江連さんとお引き合わせし今後参加されると。繋がって嬉しい。

 

✳在宅介護オアシス支援事業

 
f:id:abe-kazuko-hope:20170518105727j:image

乳幼児や児童、障がい者高齢者に日常的な「つどいの場」を提供し、子育て支援障がい者高齢者の孤独感の解消や生きがいづくりの増進など福祉に関する諸問題を地域で支えていく仕組みとして、平成12年4月より開始した日光市独自の施策です。現在市内に16ヵ所。16ヶ所の委託費7332万円。年間2万4千人利用。

これも全く知られてない💧

 

再会

今回は明神で始まった認知症カフェの見目さんが家族の会に宣伝に来られました。認知症カフェは月1回実施。

日光市認知症カフェは市の事業で現在3ヶ所ありますす。

 

日光市認知症カフェ事業

認知症の人とその家族、地域住民、医療・介護の専門職等が参加し集うことのできる「認知症カフェ」を開設しています。

 

見目さんは元市の職員さん。私が市民活動支援センターの職員時代にお世話になった方です。こどもの虐待問題に取り組むNPOだいじょうぶさん立ち上げに共に奔走した同志。暫く振りに会いました。

見目さんがいなければだいじょうさん誕生はなかった。

 

✳だいじょうぶさん設立経緯


f:id:abe-kazuko-hope:20170518092514j:image

平成16年、栃木県の小山市で幼い兄弟が虐待死するという痛ましい事件がありました。社会的な注目を集める中、子ども虐待の相談対応を児童相談所(県)だけでなく、市町村でも対応することになりました。その当時の今市市の担当課長が、相談対応の中で支援の不十分さを痛感し、民間の相談窓口を立ち上げようと呼びかけ、NPO関係者、市職員などで勉強会を始めました。その時のメンバーが中心になり、相談対応とショートステイ(短期宿泊)を開始したのが最初です。

 

実績
2006年~ 日光市家庭児童相談室相談事業
2006年~2013年 日光市子育て短期支援事業
2007年~ 日光市育児支援家庭訪問事業
2011年~ 日光市子どもの居場所づくり事業
2012年~2013年 日光市生活保護世帯の社会的な居場所づくり                        支援事業
2012年~ MY TREEペアレンツプログラム運営費補助

                 (栃木県より)
2014年~ 日光市生活困窮世帯の社会的な居場所づくり・

                     学習支援事業

 

✳中間支援団体NPOおおきな木


f:id:abe-kazuko-hope:20170518092252j:image

 

私は上記のNPO関係者としてだいじょうさん設立に関わりました。

見目さんから、虐待事案の相談を受け、市も児童相談所も対応出来ない、対応出来るNPOを作りたいと相談されました。

私は当事そのような団体設立を手掛ける、中間支援団体おおきな木を設立し、専務理事を務めてました。

それに先駆け、市民活動支援センターの必要性を前市長の福田あきおさんに提言書提出し、センター準備を整え、現市長の齋藤市長が要望を叶えてくださり、市民活動支援センターが平成14年オープン。初代のスタッフとして勤務してました。

センターは開設時社会福祉協議会が委託し、私は社会福祉協議会の嘱託職員としてセンターに勤務。嘱託職員の私には権限がなく、イベントを皆さまにお知らせするための郵便代すらなく、これではセンターが活きないと思い、おおきな木を設立しセンター受託。私が運営につきました。市民活動支援センターをNPOに委託、これも日光市は県内で初めてです。

そのため自由にあらゆる相談にのれ、調査研究も出来る環境が出来ました。

 

市議NPO職員、行政職員で見学会

そこで図書館で資料を探し(ネット普及してない)、三鷹市の事例集と東京弁護士会の事例を見つけて、現理事長の畠山さん、当事市議であった平木さん、見目さんたちと見学に行きました。

それを元に児童虐待政策を見目さんが提案。見目さんは市の職員でありながら、NPOの理事にもなってくれました。

理想的な協働で児童虐待相談を、市の職員とNPOの職員が協働で受けるという、全国的にも珍しい「こどもと親の相談室」をオープンさせる事が出来ました。

現在では、こどもたちの居場所が2ヶ所。スタッフが学校へ迎えに行き、食事から入浴まで面倒を見て家に送って行ってます。本当に素晴らしい活動をされています。

日光市ではこのようなだいじょうさんの活動に対して、家庭児童相談室費915万円、児童虐待対策費1851万円を支出し、経済的なバックアップをしています。このような体制を以前から取っているのは県内で日光市だけです。が日光市がここまでしてること、知られていない(TT)

 

このような団体が各地に増えて欲しいと思ってます。

理事長の畠山さんは市の事業だけでなく、里親となり、自宅ではご家族の方がファミリーホームも運営され、本当に畠山さんがいたから出来た事です。でも各市町村にきっと1人はいますよ!

 

✳13時30分  栃木県地方女性議員連盟総会


f:id:abe-kazuko-hope:20170518104643j:image

来年で30周年を迎える、現在50名参加、超党派の、これも全国的に珍しい団体だそうです。

県議会棟で開催。県、市、町の議員30名が参加。濃いな皆さま。

研修会では、子どもの居場所「月の家」を開設している星俊彦氏の講話と、県子供政策課長から県委託の居場所の現状についての説明がありました。

県の居場所事業は日光市のだいじょうぶさんがモデルになったものです。しかし、日光市は独自にしているので、今回の居場所事業の対象になれませんでした。がその事を女性議員のほとんどの方々がご存知なく、全くもって残念。日光市のPR力のなさ、控えめさを痛感。もったいない。

 

でこの長文の記事になりました!

いつも長々とお付きあいくださり感謝です。

この事が皆さま方の自治体のお役に立てば幸いです(⌒‐⌒)

 

 

 

 

議会で議員って何してるの?

9日に議会がありました。
f:id:abe-kazuko-hope:20170514211630j:image

 

◎議員全員協議会  午前10時00分

・政策提言書に対する回答について

昨年実施した議会報告会で出た、各種団体の要望を政策提言書として市長に要望。回答が来ました。

保育士の処遇改善や募集の周知徹底、家庭ごみ等有料化の緊急の課題について概ね良い回答が来ました。

 

・議会への手紙の対応について
f:id:abe-kazuko-hope:20170514213059j:image

 日光市議会のホームページにあります。

疑問・要望をお寄せ頂くと、お返事させて頂きます。

お手紙くださる常連の方も出てきました。

 

・今後の予定について

ここは重要チェックです!

議会は不定期に開催です。

その他議員向けに色々な参加案内が来ますので、スケジュール管理は大変です。

1日に3つの案内あったり。

6月から本議会が始まります。

議会前は一般質問のために、先進地や関係者に調査します。

5月は各団体からの総会案内など、更に忙しく、気づいたらいつ休んだかな?状態(-o-;)

こういう時に予定のダブルブッキングなどしがち。

注意せねば(-o-;)

 
◎議員定数等検討調査特別委員会

・議員定数について


f:id:abe-kazuko-hope:20170514213121j:image

来年改選を迎え、28名定数を削減の方向で話してます。

今回は何名減らすか、それぞれの会派で結論出しました。その事について個人でどう思うかを言う機会があり発言しました。

合併して10年超えても、旧市町村の一体化は難しい現実があります。旧市町村の問題がそれぞれ違い、その事から地元選出の議員は必要だと思ってます。

しかし、議員定数を削減されると、得票率があがり、旧市町村の人口の少ない議員は当選が難しくなります。

今後は要望を聞くことから、要望が叶わない事を理解して貰う時代です。地元で日頃から馴染みの議員でなければ、市民と行政の間にたつ事は難しいでしょう。

また、私のように1市民が当選するのも、得票数があがると難しいです。

更に、議員は思った以上に多忙です。

が専任で経済的にやっていける額でもありません。

そのような諸々の状況の中で、削減だけでは物事は解決しない。もっと議論をして欲しい、市民の皆様にも現状をわかって欲しい、小委員会でそれらの議論を望み発言しました。

 
◎広報広聴委員会

 

・議会報告会について

市内にある高校4校と11月に実施の方向となりました。

去年のように各常任委員会で、各種団体の方々とする必要はないのかと、前回言いましたが、するともしないとも不明のまま、高校生との議会報告会のみが決まりました。

議会報告会のあり方について、勉強をしなければと、固く決意しました(/--)/

 

◎正副常任委員長会議

この会議では、物事を決める事は出来ないのが通例と説明を受けてます。

議長から常任委員会の2年めの、年度当初の執行部と打ち合わせは要らないのではないかと以前、真っ先にこの会議で提案があり、私は賛同せず、会派代表者会議にかけられました。

 

「所管事務調査」

今回の常任委員会は以下の大事な事について調査し、2年目に執行部に提言します。

・総務常任委員会
定住促進につながるシティプロモーションの取り組みについて
・市民福祉常任委員会
介護保険制度について
・産業観光常任委員会
ごみの減量化・資源化について
しごとづくりの推進について
宿泊客の増大に向けた取り組みについて
・教育建設水道常任委員会
学校と地域の関わり方について

 

市民生活に直結する大事な調査

介護保険は1年の間に法改正があったり、学校の問題では統廃合が進んだり、1年間の間に様々な動きがあります。

ですから2年めであっても年度当初に、執行部と話す必要があると思ってます。

その事を話し、この会議で決定権はないのだから、この場で決めるのはおかしいと言いました。

で会派代表者会議で話し合うことになり、そこでも同意が得られず、再びこの会議の意見で決める事になったと。

議会事務局からこちらの説明が上手くなくて、同意が得られなかったので、説明したいと。執行部の負担軽減がはかられるからとの事でした。

常任委員会が開催されるので、委員の意見を聞いて決めましょうと、決まりました(決められる会議ではないので、こう書いて良いのかどうか(-o-;))

 

◎教育建設水道常任委員会
f:id:abe-kazuko-hope:20170516220937j:image

副委員長してます。

・今後の進め方について

学校の現状を知ろうと、落合中学校、野口小学校、足尾小学校を視察しました。

少子化で児童・生徒数の減少による問題は予想をはるかに超えていました。

部活が出来ない、果ては校舎の掃除が出来ない、複式学級になり、先生の割り当ての減少で、校長・教頭先生まで授業に出る、それで管理職業務もある、校長先生が庭の草刈りまで。。。

先生の忙しさよくとわかりました。

大変すぎてどこから手をつけて良いのやら。。。

重すぎる内容ですが、何とかせねば。

今後旧市町村ごとの学校を視察の必要がある、残り栗山、藤原の学校へ行く事になりました。


・視察について

議会終了後視察に行きます。

視察先は正副常任委員長にませると。佐賀県NPOスチューデント・サポート・フェイスを昨年提案して駄目でしたが、今年は了承を得ました!

貧困家庭・虐待等複雑な問題を抱える、こどもたちを学校と連携して、就職するまで、トータルサポートをしている素晴らしい団体です。

代表の谷口さんは全国的にも有名で、15年ほど前にお会いし、素晴らしい活動に佐賀まで会いにも行きました。10年前に谷口さんに日光市で連続講座もして頂きました。

その他、通常の視察で行きたかったのですが、相手かたの都合で行けなっかった、栃木市の「コミュニティースクール」も通例の視察の中に組み込むことになりました。

 

・2年目の執行部との年度当初の打ち合わせについて

基本必要ない、委員長・副委員長の判断で必要ならやれば良いとの結論でした。

委員の意見を尊重するのが副委員長。従いましょう!

が早速「ウルトラマラソン」の件で執行部の話を聞きたいとなり、今月中にも執行部と話そうとなりました!

結局執行部と打ち合わせる事に(/--)/

 

 

。。。色々疲れた議会でした!

がこれ午前中で終了(^_^;)濃い

  

 

 

母の介護が始まった

お花見の日に1本の電話


f:id:abe-kazuko-hope:20170504175550j:image

8日後援会のお花見が出来て嬉しいときに

「救急隊です。お母様から救急要請があって病院に運びます。

いつ病院に来れますか?」

晴天の霹靂。。。

「16時には行けます」

自分の後援会のお花見で、片付けもお任せし急ぎ実家の結城へ。

本当に後援会役員の方々には色々助けて頂きました。

 

介護保険認定外

 

日光から実家へ1時間30分。飛ばし病院へ。

痛くて身動きも取れない母。83才の高齢

2日前に重いものを持ってから痛くて動けなかったと。

重病でなくて取り敢えずホッとしました。

「ごめんね。迷惑かけて」と入院を謝る母。

3年前ほどから物盗られ妄想も出ており、一人暮らしの限界を感じて来ました。

3ヶ月前私の知らない間に、民生委員さんのお世話で介護保険申請もされましたが、対象でないと母から聞いてました。

以前ケアマネージャーとして働いた経験と、要支援1、2が介護保険から外され、母は要支援があったら該当でも今回の改正で対象外と思って申請してませんでした。

やはりの結果。介護保険改正の影響を自分の親が受けて、愕然。

今まで民生委員さんが好い人で随分助けられて来ました。

この日も緊急通報装置を鳴らし民生委員さんが駆けつけ、救急車呼んでくれました。

 

直ぐに退院を!


f:id:abe-kazuko-hope:20170504175604j:image

入院翌日医師から骨折はない、母の強い意向で入院になったので、高齢者は長く入院してると良いことはなにもない、月曜日にも退院を。。。

 

これが高齢者介護の現実?

 

身動き取れなくなった、一人暮らしの母。

退院をってどこへ?明日から各地の選挙応援が入ってる

母が繰り返し関係ない同じ話をしてくる

耳も遠い。話してると絶望的な気持ちになる

お花見の準備、今までの疲れも押し寄せ

私が倒れそう

一人っ子の私に頼れる兄妹もない

今まで高齢者の方の介護の仕事してきました。

入院が厳しい事も介護の大変さも肌身で感じて来ました。

が家族が感じる厳しいさは想像以上。

自宅に引き取る事も考え母に話すと断固拒否

 

母は頑固者(似てると言ってる声が聞こえます(・・;))

 
f:id:abe-kazuko-hope:20170504200004j:image

その上現状認識が出来ずに、益々意固地に。

それ以来、自宅、結城市、選挙応援地への遠距離活動に。

合間に介護保険申請。ケアマネを依頼。

ケアマネの方の心からの「大変ですね」に涙が出そう。

ケアマネさんは母の介護が必要になったらお願いしようと

決めてた所がありました。

結城市は窓口親切で本当に有りがたかった。

 

緊急通報設置、ヤクルト配布の中止への連携も図ってくれました。

市の窓口の重要性家族としてわかりました。

日光市はどうなんでしょうか?

議員として気になりました。

 

入院中に骨折?

 

週明け病棟医師になり、母が痛みを訴え、MRIの結果胸椎の骨折が判明。入院時は骨折なかった。動いた事で圧迫骨折と。

どういう事でしょう?骨折ないからと動かされたから?

問題を感じながら、置いて欲しいとの気持ちで黙ってました。

家族とは弱いものだと痛感。

高齢骨粗鬆症、完治は望めず、車椅子生活になると。

なのでリハビリも望めないので24日の週に退院をと。

。。。現実は厳しい。

もう一人暮らしは出来ないのか。

母に「骨折で車椅子。もう一人暮らし無理だね。一緒に住まない?」

「一緒に住まない」「治るから家に帰る」「ここにいると周りの人が煩くて嫌だ」などわがままばかり

。。。ここへいると頭がおかしくなりそう。

母の所を直ぐに出ていった。

どうしよう、どうしよう、どうしよう。。

 

訪問調査員に疑問
f:id:abe-kazuko-hope:20170504182244j:image

 

今までケアマネージャーとして訪問調査に同席した事がありました。が母に来た調査員の態度に違和感だらけ。

訪問調査同席と言われてましたが、調査の時にいつ同席なのか説明もない。

母への説明もない。事務的にやってる感じ。

家族の私の話をほとんど聞かず、認知症の症状言っても、今はないですよ、医師ではないのでその判断はしませんと。

骨折しているのに色々な動作を確認。安静度を確認してない。

これも問題です。

出来る部分ばかり拾っている。

起立が出来ないと調理が出来ない。

そういう項目はない。

調理が出来ないと食事提供のサービスが欠かせない。

 

訪問調査の有り様と在宅への制度設計のミスマッチ

 

病院より調査員の事聞くといつも充分聞かないと。

これはこの方の問題か、訪問調査自体変わったのか。

訪問調査で介護度が変わる大事な問題。

ケアマネージャーとして要介護3相当と判断

が2だと使えるサービス量が少なく、在宅はより難しくなる。

いやいやあの調査では1かも。。。

このような簡易な調査では軽く出る。

その一方で在宅を推進している。

在宅支えるための、充分なサービス受けられないととても最期まで、在宅で過ごせない。

これでは在宅推進は、家族の介護ありきではないか?

介護の社会化を目的に始まった介護保険制度の理念は、どこへ行ったのだろうか?

 

21日本人交えたケア会議

 

訪問調査後直ぐにケアマネさん2人と病院のソーシャルワーカーさん、私、母との会議。

23年前から介護に仕事として関わって来ました。

本人交えた会議。介護保険のない、本人の意向どころか、家族の意向も顧みられない所から介護を見てきて、家族として参加し、改めて介護保険の素晴らしさ実感しました。

母も自分の気持ちを言ってました。。。遠慮なくいつものように(^_^;)

 

在宅無理は当然
f:id:abe-kazuko-hope:20170504215605j:image

この状態で自宅は厳しいと判断されるケアマネさん。

ごもっともです。

がリハビリも対象でない、附属の老健も空いてない。

ましてや介護保険認定外で特別養護老人ホームの入所申請もしていない。

ケアマネの経験、議員として福祉の有り様見てきた立場から、もう自宅しかないのではと考えてました。

国もこぞって在宅推進。

しかし、介護保険の認定がまだ。介護保険サービス量だけでは在宅生活支えるのは厳しいのも見えています。

介護保険外のNPOが運営するサービスないか聞くと、結城市はないとケアマネさん。

日光市にはあります。自分も理事として参加したNPOです。

家政婦さんの3分の1位の値段で家事・介護をしてくれます。

病院の送迎もしてくれます。

介護保険始まる前、平成7年に設立されたものです。

私はそこでケアマネをしていました。

 

地域格差


f:id:abe-kazuko-hope:20170504215718j:image
結城市では1時間3000円位の有料の家事サービスはあると。

在宅の厳しさを見ました。

しかし、今や入所でもお金がかかります。

その件は私のニュースにかきました。

それを地で行くとは。。。何かの罰?

いや現実的にケアマネさんと話さないと。

私から自分の経歴から実験的に自宅介護をしたいと告げました。経歴言わないと、ただの現実知らない娘の戯言になってしまうので。

それだけ認知症があり、車椅子で一人暮らしは無謀。

後で民生委員さんからも「在宅は無理ですよ」と。

母の在宅生活と看取りまでしたい。それが政府の進める在宅への現実への道でもあります。

母を通して在宅の臨海点高め、サービスの充実図ろう。

何より母が在宅強く望んでいる。

で大事なのは、何かあったときの責任。

ケアマネさんに何があっても責任は問いませんと言いました。

もう83歳。本人も死にたいって。施設に入って私に入れられたと文句言われ続けるなら、危険でも好きな自宅で過ごさせてあげよう。

ケアマネさんから母にいくつかの質問があり、しっかりしている。これなら在宅可能かもと。

がケアマネさんから「わかりました。でももう少し病院でリハビリを」と。ソーシャルワーカーさんがGW開けまで入院出来るように医師に聞いてくださると。

本人の意向を最大限組んだ会議は終了となりました!

 

朗報?

母は5月2日リハビリ病棟へ転院になりました。

。。。つづく

 

 

 

 

 

 

 

子育て支援だけじゃなかった「ココマチ」in矢板

注目のココマチ
f:id:abe-kazuko-hope:20170501045501j:image

昨年矢板市に誕生した「ココマチ」。

こどもたちの室内遊び場があり、特に関東最大のボールプールがあると聞いて、1度行ってみたいと思ってました。


f:id:abe-kazuko-hope:20170429215647j:image

おーさすがに広いです。
f:id:abe-kazuko-hope:20170429215738j:image

大人が入ってもこの通り(^_^;)

因みに県議です。こども心を無くしてません!

楽しそうでした。


f:id:abe-kazuko-hope:20170429220011j:image

フリースペースも


f:id:abe-kazuko-hope:20170429222123j:image

 

矢板市の職員の方から説明があり、運営者の株式会社街なかにぎわい館の方からも説明を受けました。

連合議員懇談ではこのように県内自治体の優れた取り組みを研修させてくれるので助かります。

矢板市長もおみえでした。1年前に応援させて頂き、市長としてご挨拶される様子に感慨無量でした。

 

 
f:id:abe-kazuko-hope:20170429222210j:image

ココマチはこどもたちのスペースだけでなく、多くの世代、商業など多様な人が利用できる場でした。素晴らしかったです。

 

ココマチコンセプト

人と人との出会いとつながりの場、幅広い世代の方々が一同に集うこの街・・・「ココマチ」。
老若男女が一同に集まり、そこを核に点から線へ、線から面へ展開するコミュニティ。

 

高齢者の居場所事業もありました。

飲食の店舗もあり、そこは新規事業のインキュベータとしても機能してました。

ボールプールのボールの洗浄は、市内にある障害者施設の方々に委託しており、活躍の場のない障害者の就労支援として喜ばれ、ボールは一生懸命に磨かれ綺麗に。凄く良い連携だと思いました。

 

株式会社街なかにぎわい館

詳細は以下の通り

設立 平成25年12月2日
目的 1. まちづくり(地域振興、地域開発等)に関する調査および研究
2. まちづくり推進計画及び地域計画総合コンサルタント
3. 商店街、国、地方公共団体公益法人その他の企業からの依頼により行うまちづくりに関するコンサルタント業務
4. 地域雇用創造事業および雇用開発に関する援助・助言業務
5. 健康、介護、医療、高齢者、障がい者が円滑に生活できる社会をつくるための調査、研究および情報提供サービス、コンサルタント業務
6. 高齢者が健康で文化的な生活を営む為の趣味活動および社会参加活動などの企画、立案及び実施に関する業務
7. 高齢者の自立支援・健康支援に携わる専門員の養成及び指導、マネージメント並びにこれに関する情報誌の発行
8. インターネットを利用した起業、経営、販売促進などの各種情報収集と情報提供サービス
9. 起業、創業、第二創業に関する支援およびコンサルタント業務
10. 起業家及びベンチャーの育成、支援およびコンサルタント
11. 起業経営上の各種リスクの調査、分析並びにリスクの評価及びリスク回避の相談の受託
12. イベント、コンサート、スポーツ教室、展示会、講演会等、各種催事の企画、運営、管理、制作、実施
13. 不動産賃貸業
14. テナント及び店舗の運営、管理
15. インターネットを利用した通信販売業・情報提供サービス
16. インターネット上のショッピングモールの解説及び運営
17. インターネットオークションを利用した物品の売買
18. 前各号に附帯関連する一切の事業


日光市でもかつて同じような取り組みが


f:id:abe-kazuko-hope:20170429233731j:image

地域子育て支援センターがショッピングプラザ日光にオープンしたのは平成18年。もう10年以上前で商業施設に、子育て支援施設が出来る画期的な試みでした。

 

当時私は市民活動支援センターの運営者。

市と協働でこの事業を手掛けました。

この事業は国の助成を受けていました。

子育て支援施設と商業事業の組み合わせです。

この事業を見つけた、子育て担当の職員は素晴らしい方でした。

その方から私に、商業施設の運営もして欲しいとの打診がありました。

 

NPOおおきな木


f:id:abe-kazuko-hope:20170429233751j:image

センターはNPOおおきな木が運営してました。

市民活動支援センター受託を目指して設立しました。

おおきな木は中間支援団体というNPOです。

ボランティアしたい人の応援

社会貢献したい企業の応援

社会的な困難な状況にある方の社会的なサービスの構築

そんなNPO、ましてや運営者の私は元看護師。

商売などしたことがありません。

お断りしました。

 

この時にお断りでなく、おおきな木の本分である矢板市のような株式会社の設立まで出来れば。。。

と言っても仕方ないですね。

センター運営したばかりで、出来ることも限られてました。

 
f:id:abe-kazuko-hope:20170429233810j:image

今はセンターは建て替えられ立派に。

スタッフも後輩が増え9名に。

センター長は企業コンサルも出来る、めっちゃ優秀な人。

女性スタッフも多くなり、現体制なら出来たかも知れません。

 

子育て応援の充実

地域子育て支援センターは今も多くの方の利用があります。

以前大田原市の「子ども未来館」再開発ビル「トコトコ大田原」も地元議員に案内して頂き、規模の大きさに驚愕。

保母さんも頑張っていますが、残念ながら今や他市町村に押されてしまいました。

 

議員として今一番手掛けたいことは、こどもたちとママさん支援です。

私も2児の母として、仕事と育児の両立に随分悩んだものです。こどもが小さい頃に遊ばせる所にも困りました。

議員になる前に地域を歩いた時に、こどもたちが地域で安全に遊べる場がないと若いママさんから聞きました。

 

大田原市のトコトコ、矢板市のココマチを参考に、今後どういう形で、子育て政策の充実を図るのか。考えていき、実践へと繋げたいです。

 

24時間働けます(・・;)

足尾で署名活動  11時




f:id:abe-kazuko-hope:20170505145700j:image


22・23日は「横根高原の自然を守る日光市民の会」が『足尾の緑を育てる会』の植樹デーで署名活動しました。

私は23日だけ参加。

22日は那須塩原市で立候補した友人の応援で、1日選挙カーに乗って、ウグイス嬢として最期のお願い叫びました。

23日は署名活動で叫んでます(・・;)

 

初めての植樹デー
f:id:abe-kazuko-hope:20170424190228j:image

疲れた心身が足尾の自然に癒されました。

両日で1800人参加。

多くのかたで険しい山に植樹してました。

煙害で足尾の山から緑が無くなって120年あまり。

まだまだ緑が復活していません。

今度はメガソーラーで緑が失われようとしています。

破壊と再生。。。

山々を見ながら考えてしまいました。

 

署名活動90筆

f:id:abe-kazuko-hope:20170429002538j:image

1時間ほど署名活動しました。

急ぎ次の所、宇都宮市

 

さよなら原発・栃木の会の総会  13時30分

f:id:abe-kazuko-hope:20170429000918j:image

 島薗進さん講演会参加。宗教家

なぜ原発から脱却しなければならないのか

~道を踏み外した科学者の責任~

。。。科学者が嘘を真実と思い込み、世間に吹聴する

それが原発に携わってる政府御用達の科学者。

その心理構造まで踏み込んだ解説。

それを利用する政治家、丸飲みするメディア。

みんなで道を踏み外しているので怖くない。

ただただ深い闇を見るようなお話。。。

「暗い気持ちになりました。なぜこんな世の中になったのか、良くわかり、絶望的な気分です。ではいつまでも続くのか、どうすれば良いのか教えてください」とたまらずに質問しました。

「続きます。地道に活動する事です」

シンプルいずベスト!なお言葉。

そうですね、地道に戦い続ける!

 

那須塩原市へ  19時


f:id:abe-kazuko-hope:20170429000156j:image

終了後友人の選挙事務所へ

選挙の結果は。。。残念でなりません。

2期目の挑戦。議員として全力で頑張っていた彼女。

議員活動と選挙活動の違いをまざまざと感じました。

私も来年選挙です。2期目の厳しさ胸に来ました。

様々な思いが過ります。眠れない夜を過ごしました。

 

議会へ  11時
f:id:abe-kazuko-hope:20170429000820j:image

眠れぬまま議員定数特別委員会。広報公聴委員会へ。

議員定数いくつまで減らすかの議論。

決まらぬまま次回へ。

広報公聴委員会で議会報告会の話が出ました。

今回は高校生対象と。

それも大事だけれど、前回は各常任委員会で様々な団体と意見交換し、執行部に意見提出しました。市民の声を市政に届ける事が出来ました。その総括もなく今年は去年出来なかったから高校生でと。それは違うのではないかと言いました。

が意見通らず。。。

 

議員定数削減言われるのは、議員の姿が見えないから。

議会報告会は、多くの市民の声を聞き、問題を解決する場だと思ってます。違うのでしょうか?

その姿をみてもらえば、削減など言われない。

議会報告会に尽力した彼女。。。

その事も頭を過り、私だけが抵抗してる感じ😥

 

連合議員懇談会で矢板市へ  13時30分
横根高原の自然を守る日光市民の会集いへ  18時

 

。。。つづく

読んでる皆様も疲れますよね(^_^;)

議員懇談で矢板市の素晴らしい子育て政策を聞きました。

詳しくお知らせしたいので、また後日。