読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日光市議 阿部かずこ  みつばち通信

市民活動から議員へ。皆様に様々な情報をお届けします。みつばちが花から花へ飛んでいき、受粉し花を咲かせるように、情報が届きそこで花咲くようなことが起こるといいなと思ってます。

議会で議員って何してるの?

9日に議会がありました。
f:id:abe-kazuko-hope:20170514211630j:image

 

◎議員全員協議会  午前10時00分

・政策提言書に対する回答について

昨年実施した議会報告会で出た、各種団体の要望を政策提言書として市長に要望。回答が来ました。

保育士の処遇改善や募集の周知徹底、家庭ごみ等有料化の緊急の課題について概ね良い回答が来ました。

 

・議会への手紙の対応について
f:id:abe-kazuko-hope:20170514213059j:image

 日光市議会のホームページにあります。

疑問・要望をお寄せ頂くと、お返事させて頂きます。

お手紙くださる常連の方も出てきました。

 

・今後の予定について

ここは重要チェックです!

議会は不定期に開催です。

その他議員向けに色々な参加案内が来ますので、スケジュール管理は大変です。

1日に3つの案内あったり。

6月から本議会が始まります。

議会前は一般質問のために、先進地や関係者に調査します。

5月は各団体からの総会案内など、更に忙しく、気づいたらいつ休んだかな?状態(-o-;)

こういう時に予定のダブルブッキングなどしがち。

注意せねば(-o-;)

 
◎議員定数等検討調査特別委員会

・議員定数について


f:id:abe-kazuko-hope:20170514213121j:image

来年改選を迎え、28名定数を削減の方向で話してます。

今回は何名減らすか、それぞれの会派で結論出しました。その事について個人でどう思うかを言う機会があり発言しました。

合併して10年超えても、旧市町村の一体化は難しい現実があります。旧市町村の問題がそれぞれ違い、その事から地元選出の議員は必要だと思ってます。

しかし、議員定数を削減されると、得票率があがり、旧市町村の人口の少ない議員は当選が難しくなります。

今後は要望を聞くことから、要望が叶わない事を理解して貰う時代です。地元で日頃から馴染みの議員でなければ、市民と行政の間にたつ事は難しいでしょう。

また、私のように1市民が当選するのも、得票数があがると難しいです。

更に、議員は思った以上に多忙です。

が専任で経済的にやっていける額でもありません。

そのような諸々の状況の中で、削減だけでは物事は解決しない。もっと議論をして欲しい、市民の皆様にも現状をわかって欲しい、小委員会でそれらの議論を望み発言しました。

 
◎広報広聴委員会

 

・議会報告会について

市内にある高校4校と11月に実施の方向となりました。

去年のように各常任委員会で、各種団体の方々とする必要はないのかと、前回言いましたが、するともしないとも不明のまま、高校生との議会報告会のみが決まりました。

議会報告会のあり方について、勉強をしなければと、固く決意しました(/--)/

 

◎正副常任委員長会議

この会議では、物事を決める事は出来ないのが通例と説明を受けてます。

議長から常任委員会の2年めの、年度当初の執行部と打ち合わせは要らないのではないかと以前、真っ先にこの会議で提案があり、私は賛同せず、会派代表者会議にかけられました。

 

「所管事務調査」

今回の常任委員会は以下の大事な事について調査し、2年目に執行部に提言します。

・総務常任委員会
定住促進につながるシティプロモーションの取り組みについて
・市民福祉常任委員会
介護保険制度について
・産業観光常任委員会
ごみの減量化・資源化について
しごとづくりの推進について
宿泊客の増大に向けた取り組みについて
・教育建設水道常任委員会
学校と地域の関わり方について

 

市民生活に直結する大事な調査

介護保険は1年の間に法改正があったり、学校の問題では統廃合が進んだり、1年間の間に様々な動きがあります。

ですから2年めであっても年度当初に、執行部と話す必要があると思ってます。

その事を話し、この会議で決定権はないのだから、この場で決めるのはおかしいと言いました。

で会派代表者会議で話し合うことになり、そこでも同意が得られず、再びこの会議の意見で決める事になったと。

議会事務局からこちらの説明が上手くなくて、同意が得られなかったので、説明したいと。執行部の負担軽減がはかられるからとの事でした。

常任委員会が開催されるので、委員の意見を聞いて決めましょうと、決まりました(決められる会議ではないので、こう書いて良いのかどうか(-o-;))

 

◎教育建設水道常任委員会
f:id:abe-kazuko-hope:20170516220937j:image

副委員長してます。

・今後の進め方について

学校の現状を知ろうと、落合中学校、野口小学校、足尾小学校を視察しました。

少子化で児童・生徒数の減少による問題は予想をはるかに超えていました。

部活が出来ない、果ては校舎の掃除が出来ない、複式学級になり、先生の割り当ての減少で、校長・教頭先生まで授業に出る、それで管理職業務もある、校長先生が庭の草刈りまで。。。

先生の忙しさよくとわかりました。

大変すぎてどこから手をつけて良いのやら。。。

重すぎる内容ですが、何とかせねば。

今後旧市町村ごとの学校を視察の必要がある、残り栗山、藤原の学校へ行く事になりました。


・視察について

議会終了後視察に行きます。

視察先は正副常任委員長にませると。佐賀県NPOスチューデント・サポート・フェイスを昨年提案して駄目でしたが、今年は了承を得ました!

貧困家庭・虐待等複雑な問題を抱える、こどもたちを学校と連携して、就職するまで、トータルサポートをしている素晴らしい団体です。

代表の谷口さんは全国的にも有名で、15年ほど前にお会いし、素晴らしい活動に佐賀まで会いにも行きました。10年前に谷口さんに日光市で連続講座もして頂きました。

その他、通常の視察で行きたかったのですが、相手かたの都合で行けなっかった、栃木市の「コミュニティースクール」も通例の視察の中に組み込むことになりました。

 

・2年目の執行部との年度当初の打ち合わせについて

基本必要ない、委員長・副委員長の判断で必要ならやれば良いとの結論でした。

委員の意見を尊重するのが副委員長。従いましょう!

が早速「ウルトラマラソン」の件で執行部の話を聞きたいとなり、今月中にも執行部と話そうとなりました!

結局執行部と打ち合わせる事に(/--)/

 

 

。。。色々疲れた議会でした!

がこれ午前中で終了(^_^;)濃い